授乳中の産後ダイエットのポイント

授乳中の産後ダイエットのポイント(貯めると商品と換えられたり、お金の代わりに使えることもあるものです)は、無理な食事制限やカロリー制限をしたり、ダイエット食品やサプリメントを使ってはいけないということです。母乳の成分はお母さんの食事の中身に大きく影響されます。ママの食べたものが母乳(免疫力が向上したり、下痢やアレルギーなどのリスクを減らすと考えられているのです)となって赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)の栄養の素になるのですから、赤ちゃんの健やかな成長を考えて、栄養バランスのとれた良い食事をとることが何より大切です。

お母さんの食事が赤ちゃん(赤子や赤ん坊なんて呼び方もしますね。生まれたねかりの子供のことをいいます)の成長や発達を決めると言っても過言ではありませんから、ダイエットのために少ないカロリーなものばかり食べたり、食事を抜いたりしてはいけません。とは言え、産後も早く体重(健康のためにいい健康体重、見た目にこだわる人が目標とすることが多い美容体重など、人によって理想の体重は畭なるものです)を戻し、元のプロポーションを取り戻したいというのも、女性の気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)としては当然なんです。

ですから、授乳中の産後ダイエットは、いくつかのポイントを守って始めるようにして下さい。まず、赤ちゃんが月齢2ヶ月になるまでは、食事制限(食事療法ともいいますね)をしてはいけません。また、その時期が過ぎて、カロリー制限をするとしても、1日1500キロエネルギー以下にはならないように注意が必要ですね。運動をするときは、激しい動きは避けて、少しずつ適度な運動をするようにしましょう。いきなり急激な運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)をするよりも、軽めでも毎日継続させることの人がダイエット(人によっては、多額の費用と時間をかけて行うこともあります)には効果があります。標準体重に近い状態の人は、一か月0.5〜1キログラムを目安に体重を減らします。

標準体重を大幅に上回っている人でも、一ヶ月に1.5〜二kgグラムを限度に減量目標を設定するようにされて下さい。産後に最も重要なのは、母親が健康でいることです。ムリなダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)で体調を崩すことがないよう、十分に注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)しましょう。